Profile

ILLTUBEMASTER

Author:ILLTUBEMASTER
ILLで病的なサイトILLTUBEへようこそ。
ショッキングな映像が含まれている為、閲覧に気をつけてください。
主にトレーニング中のありえないアクシデントを中心にコレクション致しています。筋トレマニアさん、これを見て気を引き締めて気をつけてやりましょう

Entry
Blogroll
Counter
現在の閲覧者数:
popln
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- |
郎
「死Penalty」は、warm&fuzzyを通してPleixによって指揮されるアムネスティインターナショナルのために、TBWAパリから最新です。

アムネスティロゴ(点灯されたロウソク)からインスピレーションを得て、Pleixは死刑に対して美しくて可動発疹をつくりました。

まず最初に、TBWAパリとPleixは非公開で全ての点をつくりたかったです。そして、ワックスから作成される本当の像を撃ちました。しかし、最初のテストでは、ストップモーションのように見えてそれなしで溶けるワックスを撃つことがあまりに難しいということを発見されたので、映画は2、3の運転中の行動要素を除いてCGの中でほとんど完全にされました。すべてのアムネスティインターナショナルキャンペーンと同様に、この映画は、任意の原則で作成されました。フランスの総体的なPleix(warm&fuzzyによってパリで見受けられる)は、ワックスをフォト本当に溶かすことをつくるために、このCG離れわざに関して数カ月の間パリのポスト家Digital地区で働きました。

「撮影は、仕事の簡単な一部でした」と、Pleixが言います。「私は、至る所で新たに私の台所映画撮影炎としたたっているcrで私を受けました。最大の挑戦は、私のガールフレンドを私がつくっていた混乱に悩ますことになっていませんでした。我々も、我々は顔に関する余分の詳細をつくることができたいくつかの顔の走査をしました。」

像のすべてはCGの中で彫刻されました、そして、彼らは特別なソフトウェアを使用して変形しました(「溶けました」)。「ワックスの肌合いをつくることは、ワックスの現実的な変形をシミュレーションすることと比較して提出するのが比較的簡単でした」と、Pleixが言います。「あなたが速い水はねかえしを作っているとき、CGソフトウェアは大きいです、しかし、彼らは非常にゆっくりものを溶かすために使えなかったです。それで、特にこのプロジェクトのハイライトである溶解で、我々は多くのトリックがそれを働かせるとわからなければなりませんでした。それは、最後まで挑戦でした。」
Directed by Pleix

“Death Penalty” is latest from TBWA Paris for Amnesty International directed by Pleix via warm&fuzzy.

Drawing inspiration from the Amnesty logo, a lit candle, Pleix have created a beautiful and moving spot against the death penalty.

Initially, TBWA Paris and Pleix wanted to create the entire spot in camera, shooting real statues created out of wax. But in initial tests it was discovered that it was too difficult to shoot melting wax without it looking like stop-motion, so the film was almost completely done in CG except for a few live action elements. As with all Amnesty International campaigns, this film was created on a voluntary basis. The French collective Pleix, represented by warm&fuzzy in Paris, worked with Parisian post-house Digital District for several months on this CG tour de force to create the photo-real melting of wax.

“The shoot was the easy part of the job,” says Pleix. “I sat in my kitchen filming flames and dripping crème fresh everywhere. The biggest challenge was not to make my girlfriend mad at the mess I was creating. We also did a number of facial scans which enabled us to create extra details on the faces.”

The statues were all sculpted in CG and they were deformed (“melted”) using special software. “Creating the texture of wax was relatively easy to render compared to simulating realistic deformations of wax,” says Pleix. “CG software is great when you are making quick water splashes, but they were unusable to melt things very slowly. So we had to find many tricks to make it work, especially with the melting being the highlight of this project. It was a challenge to the very end.”

Amnesty International - Death Penalty from Blink on Vimeo.

スポンサーサイト

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

Serch Form
sponsored link
Trackback
Special Thanks
Best Entry
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。