Profile

ILLTUBEMASTER

Author:ILLTUBEMASTER
ILLで病的なサイトILLTUBEへようこそ。
ショッキングな映像が含まれている為、閲覧に気をつけてください。
主にトレーニング中のありえないアクシデントを中心にコレクション致しています。筋トレマニアさん、これを見て気を引き締めて気をつけてやりましょう

Entry
Blogroll
Counter
現在の閲覧者数:
popln
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- |
スチールウール


「私たちは、一般的な家庭の項目を燃やすことによって、鉄の簡単な燃焼性の酸化を示します」 スチールウール。 通常、私たちは、それが燃えていないと可燃性です、大量の鉄がないのが、これの理由であるということであるとして自己に支えている鉄を考えます。ほとんどの易燃性物質。 しかし、存在している空気が十分あれば、スチールウールのストランドは発生した熱が自己持続型であり、続くという燃えることができるくらいの表面積で十分薄いです。 これをするために、単に離れて引きます、そして、スチールウールをたたいてふくらませて、ストランドを切り離してください。 そして、単にそれに火をつけてください。 そして、スチールウールは、無炎に酸化鉄を作成しながら、燃えるはずです。 「また、あなたは9ボルトのバッテリーを使用できます、そして、スチールウールの向こう側の端末から、急に、抵抗加熱法はそれが点灯した始めに十分熱いはずです。」
“We demonstrate the simple combustive oxidation of iron by burning a common household item: Steel wool. Normally we do not think of iron as being flammable, this is because bulk iron doesn’t self-sustain its burning like most flammable materials. But the strands of steel wool are thin enough with enough surface area that heat produced is self-sustaining and will continue to burn through if there is enough air present. To do this, simply pull apart and fluff up the steel wool to separate the strands. Then simply set it on fire. The steel wool should then burn flamelessly creating iron oxide. You can also use a 9-volt battery and short out the terminals across the steel wool, the resistive heating should be hot enough to start it lit.”

スポンサーサイト

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

Serch Form
sponsored link
Trackback
Special Thanks
Best Entry
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。